読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity / VRゲーム開発日記@長崎

Unityを使ったVRのゲーム開発をやってます。

5日間連続リリース、4日目「King of vehicles」をリリースしました

なんとか、24時間以内にリリース完了!!


King of vehicles
icocApps
価格:0  平均評価:0.0(0 件)



今回は、レース系にしようとは決めてたんですが、
車の挙動がうまく作れず、走れせることもなかなかうまく行きませんでした。


最終的に、車の浮遊感がちょっと強すぎる状態ではあるんですが、
とりあえず、ひっくり返っても起き上がれるように、
車上部に丸いコリジョンつけたりして、なんとか走り続けれるようには
なりました。



タイトルの通り、ホントはもっと色んな乗り物も出したかったんですが、
残念ながらモデル一種類の色違いのみとなりました。


f:id:icoc_dev:20140321051831p:plain


カメラも2つ使って、レーダー的なものも用意して
ちょっとそれっぽい画面にはなったかなと思います。


画面操作に関しても、やはり例によっての自機自動走行で、
操作するのはハンドリングのみとなってます。


f:id:icoc_dev:20140321051901p:plain


また、敵の動きについては、数秒おきにハンドリングを
ランダムで決めてるだけなんですが、
なんとなくそれらしい動きにはなってる気はします。


前回は見た目3Dだけど、一直線しか動けませんでしたが、
今回は縦横無尽に走り回れます!!


いままで3Dのデモとかは作ったことあったけど、
3Dゲームを完成させたのは初めてかも。


f:id:icoc_dev:20140321051923p:plain


一日ながらに色々と勉強をさせていただいたアプリになりました。


そして、いよいよ明日(いや、今日(^^;)は最終日!
当初の目標通り、RPGを作ろうと思ってるんですが、
はたして一日でどこまで作れるのか!?


■設計書

今回の設計書です。

最初は、沢山の乗り物が出てきて、
島の中でそれぞれの乗り物がぶつかり合い、
敵を島から押しだしつつ、最後まで生き残れれば
クリアという仕様で考えてました。

ただ、今回地形生成にTerrainというUnity標準の地形生成ツールを使ったんですが、
それだと思いのほか広いマップが生成できて、
これだとちょっと、適当に走らせてただけではぶつかりにくくなるな、ということで
単に自分から敵を狙っていくだけの仕様に変更しました。

f:id:icoc_dev:20140321111028j:plain